ドライバーで球が上がらない4つの理由

ティーショット

 

ドライバーの悩みで多いといわれているのが、『球が上がらない』ということです。球が上がれば、当然飛距離が伸びます。もちろんゴルフは飛距離で決まるものではありませんが、遠くまで飛ばすことができれば気持ちがいいものです。しかし、現実はそう簡単にはいきません。『球が上がらない』原因は、一体何なのでしょうか?

 

  1. クラブフェースの真ん中にボールが当たっていない
  2. ロフトの角度が適切でない
  3. インパクト時にロフトが立ってない
  4. バックスピンの量が少ない

 

理由は4つあります。

 

クラブフェースの真ん中にボールが当たっていない

1つ目は、クラブフェースの真ん中にボールが当たっていないことです。この部分にきちんとボールが当たらないことには、適正な高さまで上がらなくなるといわれています。

 

ロフトの角度が適切でない

2つ目は、ロフトの角度です。クラブには、表示ロフトとリアルロフトがありますが、それぞれ角度が異なり『表示ロフト』はソールとフェース面の角度を、『リアルロフト』はシャフトとフェース面角度を表しています。

 

球を上げるためには、適正なロフト角でなければいけませんから、ここもしっかりチェックしておく必要があります。ちなみに、一般的にカタログに掲載されているのは『表示ロフト』になります。購入する際は、リアルロフトもきちんと調べてからにしましょう。

 

インパクト時にロフトが立ってない

3つ目は、インパクト時です。このとき、ロフトが立っていないと球が上がらない原因になるでしょう。ダウンブロー気味に打ってしまうと、ロフトはさらに立ってしまいます。ですから、インパクト時にロフトが立つように工夫しましょう。

 

バックスピンの量が少ない

4つ目は、バックスピンの量です。バックスピンの量が少ないと、球は上がりません。そういった構造になっているからです。

 

球を上げるための対策

では、どうすれば球を上げることができるのでしょうか?対策はいくつかあります。まず、『芯』で打ちましょう。芯で打つように意識することで初心者の方でも必ず球が上がるようになります。

 

もちろん練習が必須になりますが、このような設計になっているので、芯で打つことができるようになれば球が上がるようになるでしょう。

 

ちなみに、芯で打つおすすめの練習法があります。
1.高めにティーアップ
2.ヘッドを地面から浮かせボールの真後ろにくるように
3.6割のヘッドスピードで打つ

 

この3つのポイントを押さえて練習すると、球を高く上げることができるようになるでしょう。

 

その他、『自分にあったロフト角のドライバー選び』や『フックボールを使用しない』などの対策法があります。

 

 

トップページ