初心者におすすめの優しいゴルフドライバー3選

ティーショット

 

ゴルフ初心者にとって、ゴルフドライバーの選び方は難しいもの。いざゴルフをはじめようと思っていても、何を基準に選んだら良いのか悩んでしまう人も多いでしょう。ドライバーにはいろんな種類があり、それぞれ個性が違います。もちろん価格もドライバーによって違いますから、無知のまま選んでしまうと失敗してしまうことも多々あります。

 

では、どうすれば初心者にもぴったりのドライバーを選ぶことができるのでしょうか?ポイントはいくつかあります。

 

1.自分の体力に合った重さ

ドライバーは軽いものから重いものまで幅広く、最近では超軽量のドライバーも売られています。軽いと持ちやすいイメージがありますが、初心者であれば軽いものより重めのもののほうが打ちやすいでしょう。というのも、体力よりも軽いものを選んでしまうと、きちんとしたスイングが身につきにくくなってしまうからです。

 

たとえば体重60キロ以上の人であれば、295〜315グラムが理想。人並み以上のパワーがある方は、もう少し重めのものでもOKです。長さに関しては、44〜45インチでかまいません。長いドライバーは飛距離アップには良いですが、芯に当てるのが困難になってしまいます。初心者であれば適度な長さのドライバーで十分です。

 

2.異形ヘッドのドライバーを使う

初心者には、慣性モーメントが大きいものがおすすめです。慣性モーメントとは、回転のしにくさを表します。ここが大きいドライバーは、たとえヘッドの端にボールが当たってしまってもまっすぐ飛ばすことができます。まっすぐ飛ばすには芯の真ん中に当てる必要がありますが、初心者には難しいもの。だからこそ、慣性モーメントの高いドライバーを選ぶようにすると良いでしょう。

 

3.打球面の角度は10度以上のものを選ぶ

打球面、いわゆるフェース面にはボールが上がるように角度がついているのが特徴です。これを『ロフト』と呼び、初心者、中級者、上級者と選ぶものが違ってきます。初心者の男性であれば、この角度は10〜12度程度でOKでしょう。それ以下のロフトはボールが上がりにくくなり、悪いクセもついてしまう恐れがあります。ただし、ロフトは表示ロフトと実際のロフト(リアルロフト)で差があるものがほとんどです。実際に触ってから判断するようにしましょう。

 

 

トップページへ戻る