自分に合ったゴルフドライバーの選び方とは

ゴルフクラブ

 

他のクラブと比べて飛距離を稼ぎ出すことができるドライバーは、ゴルファーにとっては最初の1打を決める大切な1本です。

 

初級者なのか上級者なのか、ゴルフの経験や技術力によってどんな1本がピッタリなのかは変わりますし、飛距離で困っている人のためのドライバーもあれば、打ち出し角をアップしたい人、打ち出し速度をアップしたい人、そしてスライスしやすい人のためのドライバーなど、たくさんのブランドからいろいろな商品がラインナップされています。自分にピッタリの1本を見付けるためには、

 

まずは自分自身のゴルフの癖や経験などを客観的に見つめ直すことが必要です。

 

ドライバーは、フェース部分が大きくなるほどスイートスポットが広くなるものが多く、オフセンターでヒットしても狙った方向に飛ばしやすくなりますが、ヘッドが大きくなることによって重量も重たくなりますから、シニアゴルファーなど力の衰えが気になる人ならチタンなどの軽量素材で作られているものを選ぶと良いでしょう。

 

ただし、軽すぎても飛びにくいですから、ヘッド部分の重りやシャフトの重さなども考慮しながら、いくつか使ってみながら決めるのがおすすめです。

 

シャフトの長さも大切です。シャフトが短くなると球のスピンをコントロールしやすくなり、ボールがフックしたりスライスしにくくなりますが、ヘッドスピードが落ちるので飛距離も落ちてしまいます。

 

しかし、長尺なシャフトにすると、飛距離は出やすくなるもののボールが曲がりやすくなってしまうので、クセがある打ち方をする人の場合にはシャフトは短めの方が良いかもしれません。一方、癖のない打ち方ができるシニアなら、長尺ドライバーを使うことで距離を伸ばすことができます。

 

最近とても人気が高い大型ヘッドは、スイートスポットが広くなるのでオフセンターにヒットしても比較的狙ったところに飛びやすくなるので、ゴルフを始めたばかりの初級者などにオススメです。

 

シニアゴルファーの場合には、ヘッドスピードが若い頃と比べて低下しやすくなるため、ヘッドが大きすぎることでフェイスが開きやすくなるので注意しましょう。大型ヘッドが好きな人なら、フックフェイス気味のドライバーを使えば、フェイスの開きをカバーできます。

 

 

トップページ