ゴルフのドライバーでスイングがうまくなる4の方法

ゴルフのスイングとは、いわゆる『ドライバーの振り方』のことをいいます。スイングはゴルフの基本になります。正しい振り方をマスターして、気持ちのいいショットが打てるようになりましょう。そのためにはどんなことをしたら良いのでしょうか?スイングがうまくなる方法はいくつかあります。そのなかでも、もっともうまくなる方法は4つです。

 

  • 1.身体の回転
  • 2.バックスイングのときの左手のコックと右肘の角度
  • 3.インパクト時にヘッドアップになっているか
  • 4.フォロースイングからフィニッシュまで

 

1.身体の回転

身体の軸となる背骨・体幹でしっかり回転させます。体幹を軽視し、腕の振りだけでスコアアップを狙うのはNG。必ず背骨と体幹をしっかり軸にし身体を回転させるようにしましょう。これが、スイングの基本になります。

 

2.バックスイングのときの左手のコックと右肘の角度

これらが正しくできているかも重要です。バックスイングは、アドレスした後の状態です。左腕はまっすぐ伸ばしたまま、クラブを振り上げます。このとき、両腕で軽くVラインができているのがポイントです。

 

Vラインが保てていないと、余計な動きをしていることになりきちんとスイングができなくなってしまいます。左腕は、上がりきったときにトップとなってること。そして、クラブは自然に寝かせましょう。こうすることで左手は手首を曲げる、右肘は90度という姿勢になります。

 

3.インパクト時にヘッドアップになっているか

ダウンスイングのとき、左手は伸ばしたまま、右肘は曲がった状態で一気にほどきます。そしてクラブを振りおろしましょう。コックをほどくときはクラブヘッドが右足を通る頃から行います。

 

ヘッドスピードを加速させることで綺麗なスイングができます。注意したいのは、インパクト時です。このとき、スイングの上下動が起こっていると間違ったスイングになりますので気をつけましょう。

 

4.フォロースイングからフィニッシュまで

ここでは、右肩から目標の方向まで捻転がきちんとできているかチェックしましょう。フィニッシュにかけて身体が正面を向くまで捻転させることがポイントになります。

 

身体が正面を向くということは、目標方向をしっかり意識しているからこそです。1〜4までスムーズにできるようになると、綺麗なスイングができるようになるでしょう。

 

何度もチェックを繰り返し、正しいスイングを身につけてください。

 

 

トップページ