高反発ドライバーは規制で競技では使えない理由

ティーショットを打つ男性2

 

ゴルフドライバーにはさまざまな種類があります。そのなかで、『高反発ドライバー』と呼ばれるドライバーが規制されたのはゴルフをしている方ならご存知の方も多いでしょう。

 

高反発に規制がかかったのは、2008年頃。規制がかかってからは、プロゴルファーはもちろんのこと、アマチュアゴルファーさえもそのルールに従い、競技で使用することができませんでした。そのため、大手メーカーだけでなく、中小メーカーからも高反発ドライバーの生産がしばらくなくなり、ショップから高反発ドライバーを見かけなくなるという事態になります。

 

高反発ドライバーとは、その名のとおり、高反発のドライバーのこと。反発力が強いため、遠くまで飛ばすことができます。ひと口に高反発ドライバーといってもさまざまで、機能性やデザイン性など、種類によって異なります。規制されるまでは高い人気を誇っており、広く出回っていました。

 

なぜ競技で使えなくなったのか

ではなぜ、反発規制され競技で使えなくなってしまったのでしょうか?理由は、米国のプロツアーでティショットの際、飛距離が伸びすぎたことにあります。そのため、パー5という規定打数の意味がなくなってしまうと、問題になってしまったからです。

 

これを機に反発規制され、日本では2008年に使用禁止になりました。それ以前の1999年には、すでに反発係数を抑えるルール変更がなされています。

 

先にも述べたように、競技での使用が禁止されてからは店頭で売られることはなくなりました。しかし、2013年頃から再び高反発ドライバーが作られるようになったといいます。その背景には、お客さんからの要望があったといわれています。

 

要望とは、『強い飛距離のドライバーが欲しい』というものでした。とはいえ、一度規制され販売されなくなったドライバーでしたが、そのため不適合品ではありますが、再び販売されるようになったというわけです。もちろん競技での使用は禁止されていますから、私的なラウンドのみでの使用となります。『昔のように遠くまで飛ばしたい』『もっとゴルフを楽しみたい』という方には嬉しい発表でしょう。

 

この件について業界団体(日本ゴルフ用品協会(JGGA))も2015年2月1日付でプレスリリースを発表されました。もちろん、反発規制されていることを明示した上で、『規制緩和』が進められているそうです。

 

 

トップページ