ゴルフドライバーでシャフトの選び方

ゴルフドライバーでのシャフトの選び方には、どんなポイントがあるのでしょうか?

 

シャフトが合っていないゴルフドライバーを使っていると、ショットが曲がったり、タイミングが取りにくかったり、飛距離が出なかったりとさまざまなマイナスが出てしまいます。なかでも、アイアンの調子は良いのにウッドの自信が持てないという方は、シャフトに問題がある可能性があります。

 

シャフト選びでチェックしたいのは、重さ・フレックス・調子(キックポイント)・長さ・トルク・アイアンの重さや調子などが挙げられます。こんなにもたくさんチェックしなければいけない点があると大変に思うかもしれませんが、しっかりチェックすることで自分に合ったシャフトと出会うことができるようになります。

 

まず『重さ』ですが、シャフト選びの中でももっとも重要だといわれています。近年は超軽量なものも増えていますが、ヘッドスピードが速い人は軽いものより重いほうが良いでしょう。もちろん『クラブが振れる範囲』でなければいけません。

 

『フレックス』は、RやSといった表記になります。シャフトの硬さのことで、硬いほど振動数は高くなるといわれています。硬いシャフトのメリットは、速いヘッドスピードは無駄なたわみやねじれがない、スイングテンポが速い場合、たわみの戻りが良い、バックスピンの量が少ない、低弾道で飛距離が出るなどのメリットがあります。ただしボールが上がりにくい、打ち急ぎやすい、アウトサイドイン軌道になりやすいなどの欠点もあるので気をつけてください。

 

『調子(キックポイント)』は、理解すると良いシャフトに出会えるといわれています。調子とは、スイングのときに曲がりやすい場所を指します。元調子・中調子・先調子に分けられ、シャフトがたわむ部分の違いで、スイングに適しているかを判断することができます。『長さ』は、シャフトの長さを意味します。長いほど飛距離アップに繋がりますが、一方でミート率が下がるという欠点があります。自信の弱点を知り、長さを調節して選びましょう。

 

『トルク』はシャフトのねじれを指し、数値が大きいほどトルクは多くなります。要するにねじれやすいということです。『アイアンの長さ・調子』も、シャフト選びには大切です。アイアンがスイングに適している場合、シャフトも同じような性質を選ぶようにしましょう。

 

 

トップページ