ドライバーでスライスしてしまう7つの理由

ティーショット

 

初心者の方で多いのが、ドライバーの際にスライスしてしまうことです。スライスとは、ボールが飛んだ後、利き手方向へと飛んでいってしまうことをいいます。要するに真っ直ぐ飛ばなくなってしまうわけです。

 

スライスにはいくつかの原因があります。そこを突き止めることでスライスを予防することができるでしょう。

 

スライスの種類は3つある

スライスしてしまう理由はいくつかあるといわれていますが、スライスには『プッシュスライス』『プルスライス』『ストレートスライス』の3つの種類があります。

  • 『プッシュスライス』
  • 『プルスライス』
  • 『ストレートスライス』

 

プッシュスライスは、ボールが右に出た後、さらに右に曲がってしまう現象です。ひと言でいうと『OBにいってしまう球筋』で、危険度が高く、スコアもつかないというマイナス点があります。ですから、プッシュスライスしてしまう場合は、ただちに修正しなければいけません。原因は、スイング軌道の際にインサイド・アウトでフェース面が開いていることにあります。

 

次にプルスライスです。ボールが左に出た後、右に曲がるタイプのスライスで、飛距離が出ないというマイナス点があります。原因は右肩が前に出ていることと、左手首が曲がっていることです。そのため、アウトサイドイン軌道になってしまいスライスしてしまうというわけです。

 

最後はストレートスライスと呼ばれるスライスですが、このタイプはボールが真っ直ぐ飛び、右に曲がっていきます。他のスライスに比べるとマシですが、コントロールされていないため幅が大きく曲がってしまいます。原因は、フェース面が開いていることにあります。そのため、スイング軌道は間違っていないということになります。

 

スライスになってしまう原因

また、スライスにはすべて同じ共通点があるといわれています。

 

それは、

  • 1.左肩が上がっていること
  • 2.右側に体重が残っていること
  • 3.右肩が出ていること
  • 4.ヘッドが遅れていること
  • 5.フェースが開いていること
  • 6.アウトサイドイン軌道になっていること
  • 7.ハンドファーストが極端であること

などが挙げられます。

 

スライスを防ぐためには、グリップよりもアドレスやボールの位置が重要になります。フェース面を真っ直ぐにしてボールに当てることで、スライスしにくくなるでしょう。

 

 

トップページ