あなたのドライバーが飛ばない3つの理由

ゴルフの悩みのひとつに、『ドライバーが飛ばない』というのが挙げられます。やはり、ドライバーは飛んだほうがゴルフの楽しみも倍増します。でも、どうすればドライバーを飛ばせるようになるのでしょうか?また飛ばない理由は何なのでしょうか。原因を知って、ゴルフの楽しさをアップさせましょう。

 

 

ドライバーが飛ばない理由はいくつかありますが、そのなかで特に多いのが

  • 『ドライバーの練習方法』
  • 『適したドライバーの使用』
  • 『ゴルフスイングの問題』

の3つが挙げられます。

 

もちろん、年齢や体力も挙げられますが、年配の方でもドライバーがしっかり飛んでいる方はいますから、一概に年齢のせいにすることはできません。ですから、この3つの理由を改善することができれば、ドライバーが飛ぶようになり、ゴルフを楽しむことができるようになるでしょう。

 

ドライバーの練習法

まずドライバーが飛ばない理由の『ドライバーの練習方法』についてですが、練習をする前に『目的』をしっかり持ちましょう。ボールを打っている目的を鮮明にすることで賢く練習できるようになります。

 

またまっすぐ遠くへ飛ばすために曲がらないドライバースイングが重要だといわれていますが、実際は『どちらかに曲げるボール』であることを知るほうが大事になります。そうすることで賢くボールを打つことができ、また遠くまでしっかり飛ばすことができるようになるでしょう。間違ったスイングを直し、正しいスイングを取得することで今まで飛ばなかったボールも飛ばすことができるようになるはずです。

 

ドライバー選びについて

次に、『ドライバー選び』です。ドライバーが飛ばない原因で特に多いのが『自分に合ったドライバーを選んでいるか』ということが挙げられます。自分に適したドライバー選びはとても重要で、より飛びやすくしてくれます。初心者で自分に合ったドライバーを見つけるのは容易ではありませんが、ヘッドスピード・技術力・スイングタイプから判断し、見合ったものを探してみましょう。

 

ゴルフスイングの問題

最後に、スイングです。ここに問題があると、やはり飛びにくくなってしまいます。シニアの方や女性の方でも、スイングがきちんとできていると180ヤード以上は飛ばせるようになると言われています。もともとドライバーは芯に当たることで飛距離が出るように設計されています。ですから、正しいスイングができるとしっかり飛ぶようになるでしょう。

 

 

トップページ